理想の将来像をデザインするホームページ制作Vision Coding(ビジョンコーディング)

    Web制作のご相談は または
    090-1829-6283

2019年02月

2019/02/19

ビジョンコーディングのコーチングの特徴

こちらの記事では、
Vision CodingがWeb制作の過程に取り入れているコーチングの特徴についてご紹介します!
 
 
そもそも、Web制作にコーチングを取り入れること自体が珍しいですね?
 
 
Vision Codingのコーチングでは、主に「脳科学」の概念を取り入れています。
 
脳科学コーチングは、「脳」の性質や特徴を利用して、
目標や夢の実現を加速させることができるのが最大の特徴。
 
 
『「脳」の性質や特徴』
 
その代表的なものを、コーチングの強力さも含めてご紹介しますね👍

①脳は一つのことしか考えられない

脳の特徴の一つに、「脳は一つのことしか考えられない」という点が挙げられます。
 
この言葉をお客さまに伝えると、最初はほとんどの方が意外がられます。
 
常にたくさんのことを考えていると思われがちなのですが、
実は瞬間瞬間は、一つのことしか考えることができないのですね。

②脳は放っておくとネガティブになる

これは「野生の感性が残っている」、とでもいいましょうか?
 
失敗や危険の記憶を強く印象付け、本能的に自分の身を守る性質を持ちます。
 
新しいことに挑戦するときに不安がつきまとうのは、
いわば当たり前、ということになりますね。

③脳は重要なことしか見えない

本日あげる特徴の最後として、こちらの特徴をご紹介します。
 
一度に考えられることがひとつな分、印象深いことが脳に強く残ります。
 
「不安が頭から離れない」
 
とはこういう性質から起こるものですね。

脳の照準をゴールに「ロックオン!」するコーチング

さて、本題に入りましょう!
 
Vision Codingのコーチングでは、主にこの3つの特徴を用いてセッションが行われます。
 
 
まずはセッションを重ねて、セルフトークと現象の関係性を体感を通して腑に落としていただき、
その上で脳の特性を知ると、一気に視野が広がり、ゴールが明確になります。
 
すると、脳内でそのゴールが強く印象つけるられるので、脳の照準をそこにロックオンします!
 
こうなると、脳はゴールしか見えない状態になるので、
ひとりでにゴール達成の方法を模索しだします💨
 
 
ここまで来れば自動操縦のようなモードに入るので、
具現化のスピードが本当に早くなります!
 
 
また、具現化の加速には、「悩み」も強い味方になります💡
 
なぜなら、掴みたい未来があるからこそ、悩みは起こり得るもの。
 
不安や悩みを見て見ぬフリをするのでなく、ぜひコーチングで丁寧に向き合い、
奥底に眠るゴールを掘り起こして、一緒に高い加速度でゴールを目指していきましょう!
 
 
最後までお読み頂きありがとうございましたm(._.)m

プロフィール

理想の将来像をデザインするホームページ制作Vision Coding(ビジョンコーディング)

Make a HAPPINESS co.,ltd 代表取締役社長
長野県軽井沢町在住。Web制作のほとんどのスキルを独学で習得し、2014年よりWebデザイナーとして活動を開始。相手の将来像を見抜きデザインに反映する独自のスタイルで、多くの起業家やアーティストの成功の土台を築いている。

カテゴリー

メディア掲載情報

サイト内検索