脳科学コーチングって何?
脳科学の融合でWeb制作を最高のビジネスパートナーへ

トピックス①「脳科学コーチング」ってなに?

脳科学 コーチング 虹視力 成功

私がWeb制作やコーチングをさせて頂く上でキーになっている、「脳科学コーチング」の思想。

時にはビジョンを明確にしたり、悩みの解決策を見出したり、また時には全く新しいアイディアの元として。
ビジネスの成功や願望実現を果たす上で、欠かすことのできない心得がたくさん詰まっています。

こちらのトピックスでは、そんな「脳科学」と「コーチング」について解説させて頂きます。
少し長いかもしれませんが、最後まで読んでいただけますと幸いです。

脳の働きを通して具現化の仕組みを知り、人生を自在に操る術を身につける「脳科学」

「脳」の「科学」と聞くと、医療的なイメージが頭に浮かぶでしょうか?
ですがここで扱っていることは、決して脳の細胞や仕組みを研究するようなことではなく、
思考と具現化の関係性やメカニズムを知り、人生を自在に操る術を身につけることなのです。

「肝心なところで力が発揮できず、思うような成果が残せない。」
「いつも同じようなところでつまづいてしまい、物事が前に進まない。」
「叶えたい願望はあるけど、いつになったら叶うのか、全く先が見えない。」


これらのネガティブな現実は、周囲から得た情報や過去のトラウマから生まれる、強い思い込みが引き起こしているもの。
マインドがこのままの状態では視野が狭く、本来持っている力が発揮されにくいため、
どんなにスキルや情報量でカバーしようとしても、残念ながら結果を変えることが非常に困難です。

「過去のどんなことがトラウマになっているのか?」
「どんな情報が自身の言動にブレーキをかけてしまうのか?」
「自身が本心から望む現実はどんなものなのか?」


脳の働きを勉強しながら、上記のような無意識の思考(=セルフトーク)を解析することで、
自身の思考のクセを掴み、思考と現実を自在に操る術を身につけて頂きます。

ネガティブを味方につけ、未来をアシストする「コーチング」のパワー

当方のコーチングでは、先ほど挙げたようなネガティブな感情は悪者として扱わず、むしろ願望実現の強い味方として扱います。
なぜなら、心の底から「なりたい!」と思える自分がない限り、ネガティブは生まれないからです。

ですからセッションを重ね、ネガティブな感情を丁寧に掘り下げ、奥底に眠っているゴールを明確にします。

ゴールが明確になれば、視点が一気に変わり、視野も格段に広がり、解決策やアイディアが見えやすくなります。
すると、今まで「できない」と消極的になっていたマインドが底上げされ、願望を実現する高い志(=エフィカシー)が生まれます。

このようなコーチング過程を通して、自身で願望を実現できる思考を育てていきます。

そう、コーチングでネガティブを味方にする術を身につけてしまえば、もはや怖いもの無しです。

「Web制作」と「脳科学コーチング」の密接な関係

「Web制作は、事業のスタートや転換期の土台を作る過程である。」当方はそう考えています。
スタートや転換期は、とても将来への不安が大きく、発信内容やサービス、ビジョンも消極的になりがちです。

ですが、ご自身がこれから先に出会うであろうお客様に対しては、常に高い意識で接するプロフェッショナルである必要があります。
そのためには、思考のクセを知り、高いエフィカシーを得ることができる「脳科学コーチング」が不可欠になります。

下記はこちらのページの引用になりますが、

■ あなたがもっとも伝えたいメッセージはどんなものですか?
■ これまで接してきたお客様は、どんな喜びの声をかけてくださいましたか?
■ あなたが叶えたい、もっとも大きな夢はなんですか?
■ その夢を叶えることで、周囲にどんな影響を与えたいですか?


Web制作のお打ち合わせの際には、お客様にこのような問いかけをさせていただきますので、
ぜひ遠慮せずに、思いの丈を私にぶつけてください!

それがご自身の新展開への志であり、事業内容や提供するサービスの根本であり、願望実現の軸なのです。


ご質問やお見積もりの依頼はお気軽にどうぞ
お問い合わせはこちら

Profileプロフィール高橋正樹 Webデザイン 脳科学コーチ プロフィール

長野県軽井沢町在住。2014年よりWebデザイナーとして活動を開始以来、相手のビジョンを見抜きデザインに反映する独自のスタイルで、多くの起業家やアーティストのWebサイトのデザインを手がける。

高橋正樹 Webデザイン 脳科学コーチ プロフィール